ハウスダストの真実!こんなものが原因になることも!

ハウスダストの真実!こんなものが原因になることも!

 

[空気中に舞うハウスダスト]

ハウスダストというと、一般的にダニを思い浮かべますが、それだけではなく空気中に舞うカビ、ほこり、大気中の排気ガス、ペットの毛など直径1ミリにも満たないような小さな目に見えないものばかりです。

 

それらが気管に入り粘膜に炎症を起こすと気管支喘息になります。また鼻などの粘液を侵されるとアレルギー性鼻炎となり、皮膚につきアレルギーを起こすとアトピー性皮膚炎となります。すべての人に起こる症状ではなく、こららに免疫力が過剰に反応してしまう人に起こる症状です。

 

遺伝する場合が多く、アレルギー症状をもつ親から生まれた子供は約80%が体質を受け継ぐようである。多くの場合は大人になると改善する人が多いようである。近年では空気清浄機なども優れたものが多いので家の中の空気の通りを良くしてダニなどが好む高温多湿を避け、カビなどの発生を極力しないように気をつけたい。

 

掃除機もまめにかけた方がいいのにこしたことはないが、一般的に掃除機をかけてから床を拭く人が多いのではないでしょうか?掃除機を先にかけると床に落ちた埃や綿ごみを空気中に舞い上げてしまうので、まず先に拭き掃除をしてから掃除機をかけた方がいいそうです。ちょっとした工夫が改善策に繋がるので是非試してみてくださいね。