ダニ 目視

目視できるダニと目視できないダニの違いと特徴!

 

ダニと一口に言っても日本だけでも何千種類といます。

 

今回は家庭内に侵入する可能性があるダニに絞って、
目視できるものとそうでないダニの違いと特徴などについてお話ししていきます。

 

 

目視できるダニ

 

イエダニ

成虫になると0.6〜1.0oになるイエダニです。
ネズミに寄生するダニで、
家屋内にネズミが侵入することでイエダニも侵入してきます。

 

 

ツメダニ

成虫になると0.3〜0.5oになるツメダニです。
家庭内多くいるチリダニを捕食するために侵入してき、
そのついでに人を刺すこともあります。

 

 

マダニ

成虫になると2.5〜10.0oになるマダニです。
主に野外に潜んでいますが、
宿主となる人や犬などのペットが近づくことで寄生します。

 

 

目視できないダニ

 

チリダニ

成虫になると0.2〜0.4oになるチリダニです。
主に人のフケやアカ、皮脂などをエサにするダニで、
家庭内の8割以上はチリダニが占めていると言われています。

 

 

コナダニ

成虫になると0.3〜0.5oになるコナダニです。
一匹ですと目視することは困難ですが、
繁殖力が高く食品などを好む特徴があるので、
数が増えると目視でも確認することができます。

 

 

関連記事

 

ダニが繁殖しやすい畳のダニを予防するには!?